きちんと知っておきたい成人病「ガン」

現在では成人病は、生活習慣病と呼ばれています。この生活習慣病には、糖尿病や高血圧などが該当します。しかし、成人病と言う言葉に限った場合は、ガン、心疾患、脳卒中のみっつを主とすることが多いようです。このみっつは、日本人の死因トップ5に入り続けている疾患なのですが、その中でもガンは常にトップの位置にいると言っても過言ではない疾患です。つまり医療技術がそれほど発展していなかった昔は言うまでもなく、医療技術が発展した現在においても、ガンが原因で多くの人が亡くなられていると言うわけです。では、ガンとはどう言った病気かと言うと、これは別名で悪性腫瘍や悪性新生物とも呼ばれています。腫瘍とは、組織や細胞が体の制御に反して自律的に、しかも過剰に増殖してしまうことによってできる組織塊、つまりできもののことです。新生物にも、やはり同じような意味があります。そしてその言葉の前に『悪性』と言う言葉がついているわけですから、つまりガンとは、体にとっては悪性の、良くない性質のできものが、自律的に、過剰に発生してしまう病気だと言うことができます。初期の段階であれば、ガンは切除、もしくは投薬や放射線療法によって治療することができます。しかしガンは、非常に速いスピードで他の部位に転移することも多く、そうなると全身の正常な器官に悪性のできものができてしまうわけですから、命に危険が及ぶ可能性も高くなりますし、治療方法も限られてきます。ガンが何故、できるのかと言うことについては、諸説あります。しかし体にとってダメージとなるようなこと、たとえばストレスや喫煙、過度な飲酒や睡眠不足などの生活習慣の蓄積が、その原因のひとつであることは明らかになっています。そのため、成人病のひとつに該当すると言うわけです。
■処方箋なしで医薬品は購入できます
薬は個人輸入で簡単に買える
■胃ガンの原因となる胃酸過多に
ネキシウムで胃酸分泌を抑える