成人病の胃癌、健康標語作品事業の必要性

成人病はがんや脳卒中、心臓病といった死亡リスクの高い疾患として世の中に知らしめられました。現在では成人病は生活習慣病の中に取り込まれ、特にがん、脳卒中、心臓病は三大生活習慣病として位置づけられています。
これらの成人病と呼ばれた疾患は、各々は一つの名前で呼ばれてしまっているものの、実際には複数の病気の総称です。最も典型的なのががんであり、胃癌、肺癌、肝癌、大腸癌、子宮癌などの多数のがんが知られています。
そのいずれもが生活習慣と関連しており、生活の中にある様々な要因が重なることによって発症するとされているのが生活習慣病としてのがんです。
そのリスクファクターとして知られているものも数多く、喫煙は特に胃癌や肺癌を代表とする数々の疾患のリスクファクターとして知られています。
こういった事実を知らしめることや健康に対する意識を高めることを目指して、健康標語作品の募集が都道府県や各種企業や団体によって行われてきています。
募集対象となるのも小中学生に絞ったものもあれば、一般の人々全体を対象としたものもあり、その募集ごとに多様な健康標語作品が集められ、優秀作品が公表されるようになっています。
喫煙やストレスを題材とした健康標語作品は多く、いずれも日本において多い胃癌のリスクファクターととして知られているものです。
標語の制作を通して一般市民が健康についての理解を深め、成人病を含む生活習慣病をどのようにして予防していったらよいかということを認識するようにという願いが込められてこういった事業が行われてきています。
生命のリスクと高額の治療費がかかるがん、脳卒中、心臓病といった重篤な病気を予防するためにも生活習慣に目を向けさせるこういった取り組みが大切なのです。